強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となった山口達也氏。
 とうとうジャニーズ事務所との契約を解除され、TOKIOは彼抜きで活動することになりました。
 私としては何とも残念なのが、TV番組「鉄腕DASH」に彼が欠けることです。
        

 この番組は、従来ありがちなスタッフがお膳立てした筋書きにタレントが乗っかるのではなく、取材交渉や企画・立案など裏方の作業をタレントが自ら行うところに特徴があります。
 そのため現地へ向かったところ休業だったり、「いきなりくるな」と怒られたりするハプニングもあって、「予定調和」ではないところが面白い。
     

 なかでも自然との取り組みは興味深く、「DASH海岸」では工業地帯の河口に棲む海洋生物の生態調査をしたり、都市化によって失われた入り江の再生を試み、「DASH島」では廃墟(?)になった無人島を探索→開拓してここに住環境を整えようと試み、さらに「新宿DASH」では新宿区の生物の生態系を調べて人と自然との共存を目指しています。
 そのため私はバラエティというより科学番組として観ています。
   

 これには専門家の助言があり、またスタッフによる現場の管理、裏方の作業もあると思われますが、ここでのTOKIOの取り組みはけっして「予定調和」ではなく、本気で取り組んでいることが伝わってきます。
    

 なかでも山口達也氏は、生物のみならず科学的知識も豊富で、海や山の自然を熟知しており、潜水士の資格を持ち、大工作業にも長けていて舟屋や水路をつくる技量もあって、タレントとしては極めて稀有な存在です。
 私が注目したのは、福島原発の事故をきっかけにチェルノブイリ原発(ウクライナ)を訪れ、現地の科学者や農民からの話を聞いていること。原発に関する彼の思いは半端なものではない、と思いました。
 むろんタレントという立場なので、軽々には発言しなかったけど、原発に関しては一家言あるのではないか。
 そんなことから、この人は将来どんなタレントになっていくのだろうか、と密かに期待していたのに……。
    

 それらが何ともつまらん愚行ですべて水の泡になるとは。
 彼の不徳に対するペナルティーは当然としても、この損失はあまりに大きい。
 こうなればTOKIOの残された4人が全力で穴を埋めるしかないけど、知的な分野の大半は彼が担っていただけに、この穴は大きい。
    

 では山口氏はどうすればいいのか。
 今は(アルコール依存症の)療養中らしいけど、いずれは退院して社会復帰し、仕事をしなければならない。
 TOKIO仲間だった国分太一サンは「彼がふつうの社会にもどる姿を望んでいる」といいます。「ふつうの社会」とはタレント以外の職業なのか。
   

 これは山口氏が自分で決めることだけど、こうなれば執筆もひとつの手だと思います。
 自分独自の自然観、農業観もさることながら、福島やチェルノブイリで見聞きしたことを自分なりに分析して、独自の「原発観」を展開していただきたい。
 これこそタレント事務所を離れた「個人」としてできることなのだから。

    

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1911-42e7cc59