FC2ブログ

 今年のGWは電車に乗っての遠出はせず、もっぱら近場で過ごしました。
 そんななかで気になったのは多福寺、多門院へ向かう途中の地蔵街道。

地蔵街道の標識 

 ここは三芳町が誇る「みどりの景観八景」のひとつに選ばれているところで、緑のトンネルを通るのはなんとも心地よいものですが、なんだか様子がおかしい。

様子が変だ    

 妙にスカスカする。しかも明るい。
 よく見ると道端の木がない。切り倒され、木の柵も所どころ壊されている。

木が伐採されている 

 それも進行方向左側(南側)だけではなく、北側の道端も。

反対側も 

 なおも進むと、「歩道を整備しています」の看板。
 他の看板には、①工事期間は今年の3月22日~6月29日、②歩道整備工事のため、施工中は片側交互通行になります、と書かれています。

歩道整備の看板 

 ふーむ、工事は3月下旬から始まっていたのか。
 考えてみたら、この道を通ったのは2月までで、春になってからは多福寺、多門院へは行きも帰りも別の道を通りました。道理で気づかなかったわけだ。
        

 たしかにこの地蔵街道は狭い。
 その割に車の通行量が多い(最近はとくに増えた)ので、歩行者はおちおち散歩できず、これでは「みどりの景観」の名が泣こうというもの。
 そこで道幅を広げて歩道をつくろうとしたのではないか。

昨年8月の地蔵街道 

 しかし道幅が狭いからこそ鬱蒼とした緑のトンネルになるわけで、両側の木を伐採して道幅を広げては、いくら歩道ができても、果たして元の緑の景観が保てるのか。
 これは自治体としては苦渋の決断だったと思われます。
    

 それにしてもこの工事、本当に6月中に終わるのか。
 しかもその先は関越自動車道の陸橋。これも狭い。ここには歩道はつけないのか。

先は関越自動車道の陸橋    

 7月になったら、どんな景色になるのか、ぜひ見てみたい。

 *

 余談ですが、ここから北西にある道路のことを「地蔵街道」としているブログ記事がありました。
 これは「地蔵通り」といって、歴史的には関連あるものの、三芳町が「みどりの景観八景」に指定している「地蔵街道」とは別もので、なんの趣きもない自動車道路です。

地蔵通り 

 現地外の方が記事を書くのは一向にかまわないけど、せめて地元の人に聞くとか、自治体のHPなどで調べてから書いていただきたい。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1910-25c1bb30