5月になったのでそれらしい話題をということで、志木市の「いろは橋」にやってきました。
 新河岸川には数10尾の鯉のぼりが(空中を)泳いでいます。

新河岸川に架かる鯉のぼり①

 どうです、壮観でしょう。

新河岸川に架かる鯉のぼり② 

 大したことないって?
 去年も見たからね。毎年見てるとそれほどの感動はないか。
       

 鯉のぼりの反対側には中州があり、ここに旧村山快哉堂があります。
 手前に咲いているのはシラン(ラン科)。知らんかったって? 月並みなしゃれを。

村山快哉堂(手前はシラン)   

 旧村山快哉堂とは「中風根切薬」などの家傳薬を製造・販売してきた薬店。だから「快哉堂」などと名乗っているのか。
 元は本町通りに店があったのですが、平成5年に閉店し、歴史建造物としてここに移築復元されたもの。室内には看板や使用人の着ていた印半纏が展示されています。

薬店の看板と店員の印半纏   

 ここで展示しているのが「端午のつるし飾り」
 武者の兜が上段に置かれた五月人形の周囲に、いろんな形の飾りが吊るされています。

つるし飾り 

 これも去年見たって?
 でも今回は犬の飾りが多いでしょう。今年は戌(犬)年だからだそうです。

武者飾り 

 1本のひもに鯉や風車、桃太郎、アヤメなどをモチーフにした飾りが結ばれ、その数約300個。
 ここの管理をしているボランティアの女性スタッフがつくり続けてきたとのこと。ご苦労様です。

つるし飾り(所どころに犬の飾りが)  

 去年と同じ題材ですが、5月はこれから始まるということで。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1903-683ac26a