昨日(08/11)は高校野球を観ていましたが、最も注目したのは第二試合の横浜(神奈川)vs.秀岳館(熊本)。注目というよりはほとんど横浜の応援ですが。
  

 横浜は渡辺元智監督が引退してから甲子園では勝てなくなったけど、今年はドラフト候補とされる強打者・増田珠外野手(3年)を擁し、有力校に挙げられていました。
 

 ところが開始早々、秀岳館は先頭の竹輪涼介外野手(3年)が右翼線への三塁打で出塁すると、続く2番・半情冬馬内野手(3年)が左犠飛。試合開始からわずか3球で先制点を挙げました。さらにクリーンアップが3連打を放ち、この回3点。三回にも敵失で1点を追加。

一回表、秀岳館は犠牲フライで早々と先取点 

 このあたり秀岳館の抜け目なさが目につくけど、以前の横浜なら相手にこんなことはさせなかった。それどころか攻撃においても走塁ミスや併殺でチャンスをつぶし、なかなか点が取れない。
  

 それでも五回裏、増田を三塁において右犠飛で1点を返し、七回表、秀岳館に2死満塁から代打・橋口将崇捕手(2年)の右前適時打で2点を挙げられたものの、その裏、横浜は2死一、三塁から6番・福永奨捕手(3年)が左中間への3ランを放ち、2点差としたときは、「ここから反撃だ!」と思いました。

七回裏、横浜は3ランホームランで2点差に 

 しかし八回は一塁走者が刺されるなどの凡ミスでチャンスをつぶし、九回もいいところなく凡退して試合終了。6-4で秀岳館の勝ち。
         

 秀岳館 3 0 1 0 0 0 2 0 0=6
 横 浜 0 0 0 0 1 0 3 0 0=4

試合終了のあいさつ   

 この試合は鍛治舍巧・監督に率いられた秀岳館の試合運びの「巧み」さが目立ちましたが、そもそもこういう野球はかつての横浜がやっていたこと。そのお株を完全に奪われました。
                   
 今の横浜は打力はいいのかもしれないけど、守備、走塁が雑になっている。投手だって数は多いけど、(かつての松坂のような)絶対的なエースがいない。
 これでは神奈川大会で勝てても、甲子園では勝てないぞ。
        

 なんとも消化不良で、口惜しい思いの試合でした。

   

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1645-25fe25cb