川越市の西部、小畔川のほとりに「御伊勢塚公園」があります。

公園入口のモニュメント 

 雑木林が鬱蒼と繁り、中央にひょうたん池、そして芝生広場。いかにも涼しげ。
 このひょうたん池はおそらく小畔川の調整池になっているものと思われます。

御伊勢塚公園のひょうたん池   

 「いやあ、昨日は暑かったねえ。自転車に乗ってても、顔に当たる風が暑かった」
 「そりゃそうだよ。こっちでも37度というから体温以上。熱い湯をかき回すのと同じだよ」
 「なるほど、それでか」
 池のほとりの四阿では、おじさんたちが気候の話をしています。

池のほとりの四阿   

 「それに比べると今日(08/10)は楽だな。湿気はあるけど、気温が低いから」
 「それはそうと、今日は花咲徳栄ですな」
 「そう、今やっているはずだけど、どうだった?」

ひょうたん池の噴水    

 あとできたおじさんが、
 「さっきまでTVで観てたけど、徳栄がリードしてた」
 「リードしててもわからんぞ、甲子園は」
 (結果は花咲徳栄が9-0で島根の開成に勝ちました)

ドーム型の四阿   

 こんな公園でおじさんたちの四方山話を立ち聞きするものいいかな。
 なお「御伊勢塚公園」の名前は、ここに伊勢信仰の塚があったことに由来するそうです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1644-c02dd45b