安倍改造内閣一週間後、なんとも妙ちきりんな大臣が現出しました。
 江崎鉄磨・沖縄北方大臣(73)です。
   

 先週の5日(土)、今後の国会答弁では間違いを避けるために「しっかりお役所の原稿を読ませていただく。立ち往生より、ちゃんと答弁書を朗読かな」と発言しました。
 これを聞いて私は「なんというつまらん大臣だ」と思いました。
 役人の原稿を読むだけなら大臣は要らん。
  

 しかもこの人、安倍首相からの入閣要請を一度は固辞。「齢も齢だし、今さら大臣など」
 ところが所属する会長の二階俊博氏から「なんで断るんだ。これは派閥の総意だ」と激怒され、やむなく引き受けたという経緯があります。

江崎鉄磨・沖縄北方大臣   

 野党からは、「こんなやる気のない人間は大臣に不適格。即刻辞任しろッ」との声が上がりました。
 ここまでなら私も野党のいう通りだと思いました。
  

 しかし8日(火)の記者とのやり取りで「靖国は行きますか」と聞かれて、
 「この10年ほど行ってません。そもそも靖国は(A級戦犯を)分祀すべきです」
 と答えたのにはびっくりしました。

 私の考えと同じだ。
 靖国神社に関しては、1978年、当時の宮司が(昭和)天皇の意向を無視して、A級戦犯を合祀したため、天皇は激怒。いらい天皇の靖国参拝はなくなりました。これは今の天皇も同じ。
 江崎大臣の考えは天皇や私と同じで、安倍首相やそのお友だち(チルドレン)とは明らかに違う。
  

 さらに沖縄について、「日米地位協定は少し見直さないと(いけない)」と述べたのも閣僚の発言としては異例。これは私だけではなく、国民の大半が思っていることで、失言ではない。
 ただしいった以上は、あんた自身(沖縄担当大臣)が実現化するよう尽力してくれ。
  

 思うに、この人は(自分でもいってるように)大臣どころか政治家としても素人?
 それが悪いというのではなく、ありようによっては面白い。

 ♪うそとお世辞のご時世にゃ いてもいいだろこんな奴 ああ 東京永田町……(違った?)
 

 野党やマスコミにとっては突っ込みどころ満載のキャラクターだけど、「謙虚、謙虚」で押し通し、のらりくらりと交わすのではないか。
 安倍首相のサプライズ人事とはこれだったのか。

   

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1643-8563c426