なじみの編集者から風俗の取材を頼まれました。
 原稿料は悪くない、取材先のリストはある。あとは現地へ行って風俗嬢にインタビューして写真を撮るだけ。
 「しかし、この齢で今さら取材といってもなあ」
 そうだ、若い連中にやらせて、こちらはその上前をハネればいいのだ……。
 というわけで、若い連中にインタビューの仕方と写真の撮り方を教えていたところ、ガタガタガタッ……。おや、地震かな。
       

 しかしガタガタガタ……グラグラグラッと、今度は本当の揺れ。
 地震だッ!
 地震はしばらく続きました。
 (風俗取材のことは夢だった)
       

 時計を見ると2時5分。
 TVを点けると地震速報。8月2日午前2時2分、関東で地震がありました。震源地は茨木県南部で各地の震度は……。埼玉県南部は震度2とのこと。
 「本当かなあ。もっとあったぞ」
 当方の実感では震度4ぐらい。
       

 その後はまた寝て、起きたのは5時。
 朝食をすませてゴミを捨てに行ったとき、近所のおばさんと立ち話。
 「昨夜は揺れましたねえ」
 「ええ、もうびっくり」
 「このあたりは震度2ということだったけど、もっとあったよねえ」
 「そうそう、2ということはないと思うけど」
  

 東日本大震災(2011年)以降、関東の人間は大体の震度がわかるようになりました。
 震度3と4の区別ぐらいはつきます。
       

 そんなこと思いながら調べていると、今朝5時22分にも地震があったようです。
 そしてこれを書いている最中(07:16)にもまたしてもグラグラグラッ……。
 しかし、これはそれほど強くない。
 TVを点けると、震源は茨木県南部、震度は……。埼玉県南部は震度4。
 「そんなに強くないぞ」
     

 測定された震度と実感は違うのかな。
 我われは「震度3と4の違いはわかる」といったけど、それが鈍って(当方だけ?)きているのか。
 それとも寝ているときは実際以上に激しく感じられるのだろうか。
  

 ふーむ、よくわからん。

   

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1636-071c5616