暑い日は外の徘徊はやめて、冷房の効いた部屋で高校野球を観るに限る。
 昨日は西東京の準決勝を観ました。
   

 第一試合、早稲田実vs.八王子。
 注目はやはり清宮でしょう。
 しかし1打席目は二ゴロ、2打席目は四球(このときは次打者の右中間二塁打で一挙ホームインした)、3打席目は捕飛に打ち取られた。

三回清宮の力走で2点目   

 注目は七回の打席。
 これまで八王子のエース米原は大きく外すボールが多く、「まともな勝負はしないのかな」と思っていた三球目、外角低めの変化球を鋭く振り抜くと、打球は左中間へのライナー。そこへシフトしていたレフトが捕るのかな、と思ったら、球はグンと伸びてスタンドへ。

七回、清宮打った   

 これはすごい。
 これまで私はニュースなどで清宮のホームランを見ていたけど、(TVとはいえ)実況中継で見ると「これは強打者だ」と実感します。いいものを見ました。
  

 試合は4-1で早実の勝ち。
 早実は「投手力が弱い」といわれていたけど、エース雪山(2年)はよく投げた。投手力は弱くはないと見ました。

九回裏二死一二塁で打者三振、試合終了    

 早稲田実1 0 1 0 0 0 1 1 0 =4
 八王子 0 0 1 0 0 0 0 0 0= 1
   

 この両チームは(埼玉の決勝と違って)最初からエースを出してくるところに好感を持ちました。

 *

 第二試合、日大二vs.東海大菅生。
 これは観たのは途中から(悪いネ)。かなりの乱戦だ。
  

 最初から見てないのでわからないけど、後半の点の取り方を観る限り、やはり菅生のほうが長けていたのではないか。

第二試合終了 

 日 大 二 0 1 0 2 0 5 0 0 0=8
 東海大菅生 1 0 5 3 0 1 1 0 X=11
  

 決勝は明日(07/30)だけど、どうするかな。川越夏まつりもあるし。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1632-77949123