2017.07.21 伊佐沼の蓮

 伊佐沼にやってきました。
 今の時期、蓮が見ごろです。

伊佐沼の蓮①

 そのため朝早くから見にくる人が絶えません。
 沼の北西部に蓮田が広がり、さらに木道がつくられて、身近で蓮が見えるようになっています。

伊佐沼の蓮②   

 これは古代の蓮で一時は絶滅したのですが、「なんとしても伊佐沼に古代蓮を咲かせたい」という「川越蓮の会」の方々の執念と努力によって復活しました。

伊佐沼の蓮③ 

 我われはその恩恵にあずかって、「ほう、きれいだな」といいながら、写真をパチパチ撮っている。感謝しないと。

蓮の花 

 木道では大きなカメラを持った人が撮影の準備をしているけど、これは蓮ではなく、バードウォッチング。
 昨年は多くのバードウォッチャーが群れをなしていたので聞いたら「レンカク」とのこと。

バードウォッチングに待機? 

  レンカク(蓮鶴)とは鳥綱チドリ目レンカク科に分類される鳥類の一種で、ユーラシア大陸南東部(インドから中国まで)、スリランカ、台湾、フィリピンで繁殖し、北方の個体はインドネシア、マレーシア等に渡って越冬するらしい。

伊佐沼の蓮④   

 バードウォッチングは鳥がくるまで待たなきゃならない。
 当方にはそんな根気はなく、蓮を撮ってさっさと引き上げました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1625-216fdb58