御堂筋はキタとミナミを結ぶ広い道路です。
 大阪の象徴といってもいいところですが、難波や新世界に見られるコテコテ感はまったくありません。

御堂筋(北浜付近)   

 特徴はただっ広いこと。幅43.6m(24間)、全6車線。
 歩道と緑地帯には銀杏が植えられています。その数800本以上。

清水多嘉示「みどりのリズム」   

 所どころ、彫刻が置かれていて目の保養(?)になります。

エミリオ・グレコ「座る婦人像」    

 今から30年以上前、息子(当時小5)と淀屋橋から難波まで歩いたことがあります。
 暑い日でした。
 我われは水上バスで川巡りをしたあとでした。
 「ミナミまでだ。大したことあるまい」
 そう思って歩いたのですが、これが長い。いくら景色がよくても、いい加減飽きるよ。
 戎橋に着くまで、1時間近くかかりました。

御堂筋(周防町交差点)    

 息子は小さいときから不平不満を一切いわない子でしたが、さすがにぐったりしたのか無口になりました。
 あとで地図を見て距離を測ると3km以上ありました。
   
 御堂筋の名は沿道に北御堂(西本願寺津村別院)、南御堂(東本願寺難波別院)とふたつの寺院があることに由来しているそうです。

北御堂(西本願寺津村別院)    

 その後も私は大坂にくるたび、この通りを歩いています。
 「大阪へきた」と実感するのと、不思議に心が落ち着くからです。
 秋は秋で銀杏が色づくのも楽しい。

御堂筋(清水町付近)    

 それでもぶっ続けに歩くことはしません。
 あれで懲りました。この道は変化がないので、所どころ歩くだけでじゅうぶん。
 好きな道なのですが……。
   
  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1619-278a4fb4