富士見市の難波田城公園では恒例の「古代蓮観賞期間」(06/10~07/17)
 ここの蓮は「行田蓮」といって行田市「古代蓮の里」から分けてもらったもの。
 「数100年以上埋もれていた蓮の実が始まりで、野生に近い特徴があり、千葉の『大賀ハス』にも似ている」(解説板)とのこと。
        

 しかし先日(07/09)行ったら、もう終わってました。
 昨年は7月の始めに行ったらちょうど満開でした。1週間遅かったか。

難波田城公園の蓮 

 仕方がないのでお濠のほうへ。
 水面には睡蓮が咲いています。

難波田城公園の濠 

 昨年は白い睡蓮しか見なかったけど、今年は赤い睡蓮も見られました。

白い睡蓮 

 赤いほうがいいかな。

赤い睡蓮   

 睡蓮に関して、昨年は句会で「ハイネ読む睡蓮の午後四阿で」を投句したのですが、宗匠からの特選以外の票はゼロ。ハイネなんてしゃれたものを持ってくるのではなかった。

濠の睡蓮   

 ということで、
      

 四阿で睡蓮の午後うたた寝す
  

 ベタな句だけど、最初からこれにすればよかったのか。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1617-5f2e057f