昨日(07/10)は暑かった。
 12時半すぎ、外に出ると全身を包むようなムワーッとした暑さ(体温以上?)に思わずクラクラッとしました。この夏いちばんの暑さではないか。
   

 その暑い最中、病院へ行ってきました。
 一週間前、咳が止まないので耳鼻咽喉科を受診したところ、「気管支炎の疑いがあるので、呼吸器内科を受診するように」といわれ、血液検査の結果もあるので一週間後にくるようにといわれたからです。
  

 診察では、「呼吸器内科を受診し、①レントゲン写真の結果、異状なしといわれた、②胃酸の逆流を抑える薬を処方された」と説明しました。
 医師は頷いていましたが、これはすでに把握している(同一病院なので)ようでした。
   

 医師は血液検査の結果を示しながら、
 「可溶性IL-2RとSCC抗原の値ですが、いずれも基準値内。腫瘍やポリープ、癌の心配はないということです」

行きつけの病院   

 そしてまたカメラを当方の鼻腔内に。
 これが気持ち悪い。二度目だから慣れるかと思ったけど、いいようのない不快感。
 唾を飲み込むとカメラが喉にきてるのが感じられる。それどころか動かされると思わずウェッ。
  

 医師は撮った写真を示して、
 「膿疱はそのままですね」
 「これは切除できないのですか」
 「それには全身麻酔の手術が必要です」
 「全身麻酔? うーん」(ちょっとビビりました)
  

 そこで、
 「他に方法はないのですか?」
 「自然に潰れたり、取れたりすることもありますが、今のところはなんとも。それにこれを取れば声が出るとは必ずしもいえません」
 「それはどういうことですか」
 「あなたの場合、声帯が痩せている。それが原因かも」
     
 「では声帯を太らせるというか、強化する方法はあるのですか」
 「私の分野ではありませんが、声帯にコラーゲンを注入する方法があります。ただそれで声が出るという保証はありません」
 「では喉を鍛えるのは? 例えば発声練習とか」
 「いや、喉を使うのはかえってよくない。むしろ休ませたほうが」
   

 ということで、しばらく様子を見ようということになりました。
 次回の診察は2ヵ月後。
 こちらが案じているほど深刻ではないのかもしれないけど、生煮え状態ではっきりしない。
  

 今回は処方薬もなく、病院を出たのが午後2時半。
 思わずクラクラッとしたけど、これは暑さの所為ばかりではない?

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1615-d13ed05d