京都駅前に大きくそびえ立つ京都タワー。
 といってもこのタワーはビルの屋上にローソクのように立っている。
     

 私は京都出身ですが、ここへは一度も上ったことはなかった。
 しかし今回、上ってみました。
 展望室は地上から100mの高さ。
 大して高くないけど、他に高い建物はないし、京都市自体がこじんまりしているので、市街地が見渡せます。

展望室  

 先ずは私の住んでいた北東方向。吉田山が見えます。

北東方面 

 反対の南西方向は大坂の方向。

南西方面 

 南東の足元にはJRの東海道線、新幹線のレールが見えます。

南東方面 

 このタワーの開業は昭和39年(1964年)
 当時は建設前から喧々囂々でした。
 「京都の景観を損なう」
 「観光の新しい目玉になる」
     

 高校生の私は傍観者でしたが、できたタワーを見て笑いました。
 「これが観光の目玉かよ」
 上るのもバカバカしい。同世代はみんなそうだったと思います。
       

 その後私は京都を離れ、「関東人」の立場から京都を見ていますが、それでもこのタワーに関しては冷淡でした。
 今回はなぜか「一度ぐらい上ってやろう」という気になりました。(冥途の土産?)
    

 そうこうしているうちに西の空には夕焼けが。

展望室から見る西の空 

 そして市街地に灯りが点りました。

夜景(北方向) 

 うーん、こういう観光もありかな。

京都駅から見る京都タワー 

 夜空にそびえるタワーもなかなかのもの。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1610-d44d0ebc