今回の関西旅行は、同窓会を絡めての大坂1泊・京都2泊の旅でした。
 そのうち京都の2泊は友人のケアハウスのゲストルームを利用。

ケアハウス 

 彼は数年前から持ち家をさっさと娘の家族に譲って市内伏見区のケアハウスに入り、そこからほとんど毎日碁会所に通って、ひとり暮らしを楽しんでいます。

屋上    

 駅で待ち合わせて、彼のケアハウスへ行ってびっくり。
 「建物はしゃれているけど、周囲は田んぼばっかりやないか。こんな田舎によう住んでるなあ」
 「はははは。みんなにそういわれるけど、田園生活もええもんやで」
 市街地に住んでたころは居酒屋によく行ったけど、ほとんど行かなくなったといいます。

中庭

 彼の部屋は6畳の和室にキッチン・トイレ付。
 ひとり暮らしにはじゅうぶんでしょう。同じ階に談話室があるし、親戚などが泊まるときはゲストルームがある。
 そのゲストルームは6畳の和室にトイレ付。1泊1600円+シーツ代500円。

西方向(第二京阪道路) 

 食事は3食賄付きで下の食堂で食べるそうですが、不要のときはあらかじめ報告しておくと、その分食費がもどってくるそうです。
 「最近は朝昼兼用で自炊してるから、かえって安上がりや」

北方向   

 二日目の朝、屋上を案内してくれました。
 伏見区の市街が見渡せます。
 「なかなかの見晴らしやろ。京都駅も見えるし」
 「なるほど。それにしても田んぼばっかりやな」
 「きた当時は寂しかったけど、慣れるとなかなかええもんや」

東方向   

 田んぼ以外なにもないけど、私鉄の駅から12分ぐらい。意外に便利。
 (もっとも彼の足は車とバイク)
 今後もお世話になると思います。2泊で3700円は安かったし。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1608-e72361dc