木津川と宇治川に架かる御幸(ごこう)橋。

御幸橋 

 ここへくるには京阪の八幡市駅で降りればすぐなのですが、橋本・遊郭跡から歩いてきたものだから、かなり遠かった。
 「たったひと駅」と思ったのが大誤算、川沿いの殺風景な道を歩くこと40分。3kmぐらいはあった? おかげで足はヘロヘロ。
 それでも「やっと御幸橋についた」という気持ちから多少元気が出て、橋を渡りました。
   

 まず木津川を渡ると中洲(?)に着きますが、正しくは細長い三角洲(反対側は宇治川)。これが背割堤(せわりてい)です。

背割堤 

 しかし……。
 もう少し高いところから背割堤を俯瞰できると思ったけど、これではなあ。

さくらであい館   

 そんなことを思いながら、反対側を振り返ると、「さくらであい館」なる建物。しかも展望塔が建っています。「ははあ、あれだな」

展望塔  

 行ってみると、展望塔は無料。早速エレベーターで上りました。
 「おッ。よく見える」
 写真、左が木津川、右が宇治川。先が合流点です。
 京都の写真家・N君の背割堤写真はここから撮ったんだな。

展望室より見る背割堤   

 反対側も。

背割堤の反対側 

 景色を見ているうちに、橋本から歩いてきた徒労感はなくなりました。
 現金なものです。
 友人には呆れられましたが。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1605-2ba8edbb