赤レンガ倉庫といえば、ふつうは横浜を思い浮かべますが、大阪にもあります。
 築港赤レンガ倉庫といって、築港の南東部(住所は大阪市港区海岸通2丁目)。
 横浜と同じ2棟の倉庫で、大正12年(1923)、住友倉庫によって建設されました。2棟の間と両脇には大阪臨港線が走っていたそうです。

赤レンガ倉庫の裏側   

 その赤レンガ倉庫も平成11年(1999)に倉庫としての役目を終え、管理も住友倉庫から大阪市に移管され、閉鎖されました。3年前(2014年11月)通りがかったときは工事中でした。

3年前の赤レンガ倉庫    

 「あの赤レンガ倉庫はどうなったのだろう」
 先日(06/10)天保山のついでに寄ったところ、倉庫の周囲に外車が並んでました。
 なにか新しい商業施設になったのかな、と入口付近を撮っていたところ、係の人がすっ飛んできて、
 「ここは有料施設なので、これ以上は困ります」
 「有料施設って、いくら?」
 「800円です」

赤レンガ倉庫・入口 

 ここは「GLION MUSEUM」といってクラシックカーが展示されているとのこと。
 入場料800円は、これでも安くなったそうで、以前は1500円だったとか。
 車に関してはそれほど興味がない(800円に見合うか?)のでやめました。
 横浜は無料だぞ。クラシックカーの展示はないけど。

外から見た赤レンガ倉庫 

 その裏側は岩壁。第一岩壁(築港の南東部)
 ここは築港再開発地区といって、プロムナードと階段状の親水護岸。

階段状の親水護岸 

 向こうには赤い橋梁の長い橋が見えますが、これは湾岸線・港大橋。
 なかなかの見ごたえです。

湾岸線・港大橋   

 当方にとって築港赤レンガ倉庫はどうでもいいかな。
    

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1597-1013c1c4