天保山の南西は天保山マーケットプレイスという商業施設ですが、ふだんひっそりしている岸壁には大勢の人。
 なにかイベントでもやっているのかな、と思ったら、停泊している軍用(?)鑑を見学できるらしい。

 その船とは海上自衛隊の護衛艦しまかぜ。

間近で見る護衛艦しまかぜ

 さっきからあちこちで自衛官の姿を見かけたのはそのためか。

乗船タラップ  

 列は順序良く進んでいくのですが、途中手荷物検査などのチェックを受けました。
 手持ちのペットボトルの水もひと口飲まされました。

しまかぜ操舵室   

 日ごろ厳しい訓練を受けていると、上司以外の人に対してはどうしても態度が荒っぽくなりがちだけど、みんな丁寧で人当たりがいい。

しまかぜから見る天保山マーケットプレイス   

 タラップから甲板に上がり、さらに上に昇るとほとんど兵装部分。
 なにしろ護衛艦だからね。横浜で見る氷川丸や日本丸とは大違い。

ミサイルランチャー  

 ミサイルや速射砲の説明も受けました。

5インチ単装速射砲(実際には発射されなかった) 

  具体的な敵国名は出なかったけど、戦闘的な某国からいきなり攻撃を受けたら、このような兵器で防衛するのもやむを得ないのではないか、そんな気になりました。

護衛艦しまかぜ・全景 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1592-57c5c77b