昨日(06/04)は富士見市の難波田城公園(05/25投稿)でまつりが開催されました。
 イベント会場では、「さて、さて、さてさてさてさて、さては南京玉すだれ……」

南京玉すだれ 

 と南京玉すだれの実演。
 大道芸ではよくみるパフォーマンスですな。
  

 「昔あそび」のコーナーでは羽根つきやさかなつりに興じる子どもたち。
 興味を引いたのはわりばし鉄砲づくり。

わりばし鉄砲づくり  

 当方も子どものとき、つくったことがあります。
 これで輪ゴムを飛ばし、チームに分かれて当て合いをやったところ、輪ゴムをピシッと当てられた口惜しさに「やりやがったな」と感情的になり、最後はケンカになりました。

 

 ここではそんなことはせずにわりばし鉄砲を使っての射的。

わりばし鉄砲で射的

 外れ。惜しかったねえ。
   

 竹馬にトライする人。そうそう、その調子。

竹馬にトライ 

 まつりよりもこの日の収穫は、田んぼ前に自生している八重のドクダミ。
 ドクダミは十字状の一重のものが一般的(十薬というのもそのため)だけど、八重は珍しい。

八重のドクダミ   

 お濠には赤い睡蓮が咲いていました。

睡蓮 

 十薬や祭さわぎを忘れをり

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1582-21826858