私の住んでいるところから狭山市の智光山公園に行くには、入間川を渡る必要があります。
 ふつうなら新富士見橋を渡るのですが、それよりも狭山大橋を渡ったほうが近いのではないかと気づきました。

狭山大橋  

 この狭山大橋は狭山環状有料道路に含まれています。
 調べてみると、乗用車150円、自転車20円、歩行者無料となっています。
 これは去年通った「新見沼大橋有料道路」と同じ。
      

 この日(05/30)は所沢方面から126号所沢堀兼狭山線を北西に進みました。
 狭山交番を過ぎ、西武新宿線のガード下をくぐったあたりから、有料道路の看板。「自転車も有料です」

「自転車も有料」の看板  

 この橋がオープンしたのは昭和57年(1982)。
 それまで狭山市には入間川に架かる橋が4本しかなかったため、渋滞することがしばしばあり、「料金を払ってでも渋滞を回避したい」という地元住民の要望があり、狭山市が国や民間から資金を借り入れてつくられました。
 そのため借金を完済する(2021年予定)まで有料とのこと。

 狭山大橋から見る入間川

 入間川を眼下に見て、狭山大橋をほとんど渡ったところに料金所。

料金所  

 車両の側は通行料を徴収するおじさんがいるけど、自転車の場合は自分で金を入れる。

硬貨投入口 

 ごくふつうの橋だけど、料金所の近くにはトイレもあったりして、それなりにサービスしているらしい。
  

 しかし橋を通過して並木道に入ると、これがなかなかの景色。
 厳密にいうとこの並木道は無料ゾーンなのですが、ここを通って帰るにはやはり狭山大橋を渡らなければならない。ふーむ、これが有料道路の陰謀なのか。

並木道 

 並木路ペダル休めて若葉風
  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1580-c39c16f5