大相撲夏場所が終りました。
 優勝は横綱白鵬(38回目)。
 白鵬は14日目に照ノ富士を破って優勝を決めたのですが、千秋楽では横綱日馬富士を破っての全勝で優勝を飾りました。(全勝優勝は13回目)

千秋楽・白鵬〇―●日馬富士 

 今場所は新横綱稀勢の里が注目されましたが、怪我が完治しておらず初日は嘉風、4日目は遠藤に押し出され、9日目栃煌山、10日目琴奨菊に寄り切られて4敗し、11日目から休場しました。

4日目・遠藤〇―●稀勢の里 

 勝った相撲とて、ようやく勝ったという相撲が多く、これは仕方がない。
 むしろここまで出場させてよかったのか。
 当人の意向で出場していたというけど、稀勢の里のおかげで相撲人気が上昇しているので、協会側の思惑もあったのではないか。
  

 横綱鶴竜は情けなかった。
 私はこの力士をひそかに応援しているけど、このところ引き技が多く、そこをつけ込まれ簡単に押し出されたり、ばったり手をつくことが目につきました。
 これでは「金星大盤振る舞い」どころか、金星の「大安売り」や「水増し」で、勝ったほうもあまりうれしくない?
 横綱になりたてのころは力強く前に出ていたのに、元の「サーカス相撲」にもどっちゃった。これでは横綱としての先行きは暗いぞ。
  

 横綱日馬富士は相変わらずポカが多い。
 足を踏み外したり、バランスを失ってすっ転んだりする。
 これでは本当に強いといえるのだろうか。
         

 その点、今場所の白鵬は強かった。
 初日、2日目は勝つには勝ったけど、危なっかしかった。

初日・白鵬〇ー●千代の国

 というのも白鵬は寄り切りがあまり得意ではなく、土俵際まで相手を追い込むと、そのまま体を浴びせてしまう。これはうっちゃりを食らう危険性がある。
 以前、稀勢の里にこれで負けたことがありました。

4日目・白鵬〇―●隠岐の海  

 解説の北の富士さんも「土俵際で体を預けるのはよくない。ちゃんと腰を落とさないと」といっていた。
 このアドバイスが届いたのか(?)4日目からはちゃんと腰を落として寄り切るようになりました。14日目の対照ノ富士戦、千秋楽の対日馬富士戦も然り。

14日目・白鵬〇ー●照ノ富士 

 白鵬がこの勝ち方を身につければまだ勝てると思うけど、他の力士ももっと奮発して白鵬を脅かしてほしい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1575-ae5a10c3