富士見市の難波田城公園です。
  

 難波田城は中世に活躍した難波田氏によって築かれた平城で、昭和36年埼玉県旧跡に指定され、一部を整備して平成12年に城跡公園としてオープンしました。

城跡ゾーン   

 公園は、城の掘割を復元した「城跡ゾーン」、古民家を移築復元した「古民家ゾーン」に分かれています。

古民家ゾーン   

 6年前、初めてここを訪れたとき、「こんな立派な城跡公園が無料で入れるのか」と驚いたものですが、今は当たり前のように入っています。(富士見市の負担は相当なものと思われますが)
  

 何回もくると、「城跡」も「古民家」も飽きる(6月は花菖蒲や睡蓮などが見られるけど)ので、最近は資料館に。
 ここには中世から現代までの富士見市の歴史や社会風俗が展示されています。紙芝居もあり。

紙芝居 

 それとは別に、今は特別企画展「武鑑の世界――江戸時代の大名ガイドブック」をやっています。

鎧兜①   

 武鑑とは江戸時代につくられた武士の名鑑で、私も彦根藩士の末裔だけに興味があります。
  

 これによると手掛けたのは各城下の版元で、大名屋敷へ訪問して取材、資料をまとめて編集、そして印刷→製本→販売。購入者は各大名屋敷や武家。

城下町の様子  

 当初は出版事業としてうま味のある商売だったようで、江戸では10店以上の版元が乱立。
 そのため競争が激しくなり、バタバタとやめていったそうです。
 これは今の出版事情とまったく同じ。

鎧兜② 

 武鑑の内容より、そちらのほうに興味を持ちました。
 ※展示された武鑑の撮影は控えました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1571-8df6fba5