久しぶりの大宮氷川神社です。
 ここは関東近辺の氷川神社(約280社)の総本社。

氷川神社・三の鳥居  

 そもそもこの大宮という地名(かつては市名=今はさいたま市に併合)は「大いなる宮」があったことに由来するそうです。 
 社伝によると、2000年以上の歴史をもつといわれているから、西暦でいうとB.C.?

神池  

 同社の境内は江戸時代中期までは見沼(当時は広大だった)の畔にあって、もとは見沼の水神を祀っていたそうで、現在の神池 は見沼の名残とか。

参拝する人 

 末社には稲荷神社、宗像神社、松尾神社、御嶽神社……と有名どころがズラリ。

朱塗りの橋の向こうが楼門  

 ご利益は様ざまで、家内安全、無病息災、開運招福……などデパートのごとく、車のお祓いまであります。

車のお祓い 

 赤ちゃんの初参りもあれば、

初宮参の家族 

 婚礼の御一行も。

婚礼の御一行  

 かと思えば、境内の大きな木に手を当てて黙想している人。
 神のパワーが得られるのかな?

神木(?)に手を当てる人 

 今回の発見は境内の裏手にある蛇の池。
 これは見沼の水源のひとつで、ここが氷川神社発祥の地といわれる、とのこと。
 ふーむ、奥が深い。

蛇の池 

 ちなみに横浜の山下公園に係留されている氷川丸はこの氷川神社から名づけられ、船内(操舵室)の神棚には氷川神社の御祭神が祀られています。
    
 神泉の元に辿りて若葉風
      

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1568-ffee00ea