大應寺の横手にある水宮神社。
 先ず、鳥居の前の顔出しパネルにびっくり。なんじゃ、これは?

顔出しパネル 

 なかに入ると、クイズや四柱推命・厄年の解説パネルがあちこちに。(境内にも顔出しパネルあり)
 クイズは漢字の読み方テストで、
 ①「を返す」、②「自然の」……太字の漢字は何と読むか(答えは最後に)
  

 おみくじや占いなどはゲーム感覚。
 勝負運・恋愛運・金運・健康運……を占う輪投げというのもあるぞ。

輪投げ占い   

 これには「心・技・知」が必要で、心…心を落ち着かせて、技…指先まで神経を行き渡らせて、知…成功を思い描いて、と説かれている。なるほど。
  

 お参りしようと本殿前に立つと、なんと、ここも金ピカ。

水宮神社・本殿   

 しかも両側には狛犬ならぬ狛蛙。これは?
 近くにはその由来が解説されていますが、蛙は神の使いとして人を導くとされ、さらに「無事かえる」「栄える」「迎える」「活きかえる」というめでたいことばにあやかったものらしい。

狛犬ならぬ狛蛙  

 そういえば手水場にも蛙が置かれていました。
 ここは常に水が流れているのではなく、カランをひねれば出る。節水のため。

蛙の手水場 

 当社の由来を調べると、正式名称は摩訶山般若院水宮神社。
 これは室町時代、京都聖護院を本山とする修験寺摩訶山般若院として創建されたものの、明治になって神仏が分離され、このような神社になったとのこと。

金ピカの本殿 

 境内のパネルは他にも十二支、干支、四柱推命、厄年などが解説され、読みごたえはあるけど、面倒くさいので省略します。
  

 これらのゲームやパネルはおそらく、神道を気軽に学んでもらおうという配慮で設置されたのではないか、そんな気がしました。
     
 漢字の答え、①「てのひら」、②「ことわり」
 やさしかった?
   

 境内の由緒に倦みし薄暑かな
  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1566-bf3b8294