2017.05.16 新緑の伊佐沼

 久しぶりの伊佐沼です。
 川越の市街地より東に約2.5kmの位置にあり、南北800m東西が200mほどの細長い沼で、関東では千葉県の印旛沼に次ぐ広さの自然沼。

伊佐沼   

 4月初旬は桜、6~7月は蓮、9月は向日葵の花が咲き、大勢の人で賑わいますが、今は桜も終わり、人影もまばら。
  

 しかし新緑のシーズンは歩くのも気持ちがいい。

湖畔のプロムナード①   

 この伊佐沼、戦前は今の2倍以上の面積がありましたが、第二次大戦のとき北半分を食料増産のために干拓したとのことで、今でもこのあたりは畑になっています。
  

 沖のほうを見ると、カモがいました。

杭にとまるカモ   

 バードウォッチングの方が大きなカメラを持って待機していますが、カモなんかには目もくれない。カイツブリ、ゴイサギ?

湖畔のプロムナード②   

 伊佐沼の西側は公園になっています。
 小高いところに四阿があるのですが、これがなんと藤棚。
 しかしこの程度の藤棚では、川越の友は満足しないだろうな。

公園の藤棚   

 さらに南に行くと新伊佐沼橋。
 この三日月のシンボルマークはなに?

新伊佐沼橋   

 戦国時代これを兜のシンボルマークにしていた武将がいたけど(伊達政宗?)、それとは関係ないのか。
 よくわからないけど、風情のある景色です。
  

 新緑や鳥追ひ人の満を持す
       

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1562-159b06d5