八重洲北口から神田方向に進むと「しはくこちい」の親柱が見えます。これが日本橋川に架かる一石橋。
一石橋(橋を横切るのは首都高速)   
 橋そのものは新しく架け替えられた(平成12年=2000竣工)ものですが、古い親柱(大正11年=1922竣工)が渡ったところ(神田側)に残されています。
古い親柱   
 この界隈は盛り場で、迷子や尋ね人が多かったようで、ここに「迷子しらせ石標」(告知板)がありました。これは湯島天神の境内にも見られます。
     
 一石橋を渡るとすぐ左に常盤橋があります。
 これは日本橋川がカーブしているため。
常盤橋 
 常盤橋から一石橋が見えます。
常盤橋から見る一石橋 
 その向かい側の西詰には渋沢栄一の銅像が立っています。
 渋沢 栄一(1840~1931)は元幕臣。明治になって様々な企業の設立・経営に携わり、「日本資本主義の父」ともいわれた人。青淵は雅号。
渋沢栄一像 
 渋沢は政財界で活躍したものの、財閥をつくらなかった。「私利を追わず公益を図る」との信念を貫き通しました。
        
 常盤橋はもともと江戸城防御のための橋でしたが、明治10 年(1877)に洋式2連の石造アーチ橋(通称 眼鏡橋)に架け替えられました。現存する東京最古の石橋です。
   
 とはいうもののこのすぐ近くで大掛かりな工事をやっています。
 説明書きを見ると常盤橋の復旧工事。あれッ、今の橋は常盤橋じゃないの?
工事中の常盤橋   
 このあたりは日本橋川の上を首都高速都心環状線が走っていて、歴史との位置関係がよくわからない。
 常盤橋の復旧工事は平成29年度完成予定というから、それを見れば少しは納得できるのかな。
  
 ちなみにこの向かいは日本銀行本店本館の裏側です。
日銀本店 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1560-e7891a57