ここは何度もきているので、それほどの感慨はありませんが、この丸の内駅舎が復元営業された当時(5年前)は、「こんなに立派になったのか!」と感激したものです。
  

 復元営業されたのは2012年の10月1日。
 私が訪れたのはその4日後でしたが、大勢の人であふれかえりました。
 「きれいになったのう」
 「目の黒いうちに見られてよかった」
 お年寄りのよろこぶまいことか。

行幸通りから見た東京駅丸の内駅舎   

 友人で京都に住む写真家は、「復元東京駅いいね。京都にはこんな発想はないからなあ」といいました。
 たしかに京都駅は(リニューアルされた当時は)斬新だったけど、月日が経つと陳腐なものになっていく。
 その点、古典は時代がどう移ろうと普遍的な存在感を保持します。
 ただしそのためにはレンガひとつにも極力当時に近いもの特注したりで莫大な費用がかかりました。

南側から見た駅舎   

 この東京駅、実は太平洋戦争の戦災により南北のドームと屋根・内装を焼失し、戦後、3階建ての駅舎を2階建てにして復興しました。
     

 そんな経緯はつゆ知らず、私は上京以来「こんなものだ」と思って見てきました。
 事実を知ったのは、「東京駅の復元工事が進められています」とニュースで知ってから。これは当方だけ?

南ドームの下   

 したがって今見ている(南北のドームと3階建ての)駅舎が創建当時(大正3年=1914)の駅舎に限りなく近いことになります。
 それにしても、全長335mは長い。(撮影泣かせ?)

ドームの天井   

 ところで、これは(↘)4年前(2013年)の4月25日、近くのKITTE館から撮った駅舎です。

KITTE館から見た丸の内駅舎   

 オープンしてから半年なので、しっとりときれいなものです。
 それに対して今の駅舎は幾分色褪せて見えます。
 もちろん気象条件によって写り方の違いはあるけど、「これが4年の歳月か」というのが当方の実感です。
 

 ※今回のシメ句は割愛します。
   

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1559-4379bb7f