3月25日から長々と続いた「川越・春まつり」もいよいよこの連休(03~05日)がフィナーレ。昨日(05/03)はあちこちでお囃子が演奏されました。
  

 まず蓮馨寺。
 ここはいつもイベントが行われていますが、この日はステージで歌舞音曲がくり広げられました。

蓮馨寺にて   

 ぴ~ひゃら、ぴ~ひゃら、テンテケ、テンテケ……
 お囃子とともに子どもたちが舞っているのですが、これはコミカルな踊り。会場からは笑い声が。

蓮馨寺のステージ  

 当方は途中から見たのでよくわからなかったけど、子どもたちの戸惑ったような踊りが、演技なのか、あるいは本当に戸惑っているのか。えッ、演技?
 お見それしました。
  

 蔵造り一番街は歩行者天国となり、大勢の人で賑わいました。

蔵造り一番街は歩行者天国 

 通りのあちこちではお囃子の演奏。

お囃子 

 獅子舞も出ました。
 前のカメラが邪魔ですが、当方も後ろの人の邪魔になっているのかもしれず、お互い様。

獅子舞  

 圧巻は通りで行われたよさこい鳴子踊り。
 このお姐さんたちは始まる前は沿道のお友だちとにこやかに談笑していたのですが、いざ曲が流れると、動きがピシッと決まり、軽やかに舞う。鳴子もカチカチとリズミカル。
 ときおり「アラ、エッサッサー」という掛け声も。(こんな掛け声じゃなかった?)

よさこい鳴子踊り 

 大漁旗も出ました。
 この旗が当方の頭上で振られたとき、強烈な風圧を受けました。

大漁旗   

 これはすごい。振るのにもかなりの力が要るだろうな。
     

 春まつり紅引く少女の艶めきて
     
 写真掲載は控えます。
    

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1550-8b4055b0