運河パークとは汽車道~ワールドポーターズ~ナビオス横浜の近辺。
 先日(04/16)横浜の桜狩りでUPした汽車道の奥です。
 ここのテーマはアーバンライフガーデン。
 ここは、現実の住まいに取り入れても面白いのではないか、という展示が多いように思いました。

 Modern(モダン)茶庭。
 なるほど茶室風ね。ナイトガーデンも楽しめるそう。

モダン茶庭   

 提案型ガーデン「家庭(イエニワ)」のススメ!
 一見雑然とした庭のようだけど、水瓶(風呂桶ではない)があったりして、野趣あふれる空間。
 家族の会話が弾み、笑顔あふれるアーバンライフガーデンだそう。

家庭(イエニワ)のススメ   

 風・光・水と戯れる都会の庭。
 太陽光パネルで蓄えられた光は夜景を演出し……はいいとしても、風を受けた風車が螺旋を回し、想像力は天に向かって這い上がる、とはすごいなァ。

風・光・水と戯れる都会の庭  

 Green Theater Box(グリーンシアターボックス)
 植物のゆっくりした生育と移ろいの過程をドラマに見立てて、日々の生活に追われる都会の人に心のゆとりを感じてもらう癒しのスペース、とのことですが、当方はつい食卓の食べ物に目が行ってしまう。グリルで肉を焼くのかな? なんて考えたりして。

グリーンシアタ―ボックス 
*  

 ガーデンネックレスの展示とは関係ないけど、ここは汽車道の奥。
 正面にはホテルナビオス横浜が建っていますが、吹き抜けになっていて、レールはここをくぐったところで終わっています。
  

 この吹き抜けのことを前回「満開の桜の道や先は空(くう)」と詠み込んだのですが、ではなぜこの建物は吹き抜けになっているのか。
 それは「絵画の額」になるように設計されたとか。

 運河パーク側から見ると、横浜赤レンガ倉庫が見える。

吹き抜けから見る赤レンガ 

 反対側から見ると、横浜ランドマークタワー。

吹き抜けから見るランドマークタワー   

 これも展示の一環と考えてもいいのでは。
      

 額入りのランドマークに風薫る
       

 一幅の絵にも……。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1545-3d7b4ce6