横浜公園はこの時期、色とりどりのチューリップであふれかえります。
 その数16万本。

チューリップ花壇①   

 これには毎年圧倒されます。

チューリップ花壇②   

 年によってチューリップの配置は変えられていると思うけど、駅寄りの花壇は名札付きで品種別に植えられているのは変わらない。品種名がわかるので助かります。(すぐ忘れるけど)
 私の印象に残ったのは濃い紫色のブルーダイヤモンド。
 紫は高貴な色、それでいて妖艶。惹かれます。

ブルーダイヤモンド   

 横浜独自の新品種があるそうです。その名もラバーズタウン。
 見たところ花びらは赤、白まだらですが、これは白から赤(実際はピンク)に変化するのが特徴で、恋人たちの想いが徐々に盛り上がっていく様子になぞらえてこの名がつけられたとか。
 これは「ラバーズタウンフォトスポット」という一画で見られます。

ラバーズタウンフォトスポット   

 横浜スタジアム前の噴水まわりはベイスターズガーデンに。
 横浜DeNAベイスターズの選手を形どった樹木が飾られています。ピッチャーのフォームを見ると、昨年引退したハマの番長(三浦大輔投手)に似ているような……。

ベイスターズガーデン  

 ここにも自治体の出展花壇がありました。
 印象に残ったのはやはり横須賀の黒船。今年もヴェルニー公園、行けるかな。

横須賀は黒船の展示   

 でもやっぱりチューリップ花壇だよなあ。

チューリップ花壇③   

 負け試合帰路に迎へしチューリップ
 

 ベイスターズ、頑張ってや。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1538-9d424e69