ガーデンネックレスというのだそうです。
 横浜市で開催されている「第33回全国都市緑化よこはまフェア」のこと。
 市内あちこちで花が飾り立てられています。
  

 まずは山下公園。
 ここへはニューグランド前のしだれ桜見たさにやってきた(04/08)のですが、もう終わっていました。

山下公園入口   

 しかし園内の花のデコレーションには目を見張るものがあり、それらを確認したく一昨日(04/17)再びやってきました。
  

 私が注目したのは若木のサクラコンテナ。
 前回きたときは本来あるはずのない氷川丸のすぐ近くでソメイヨシノが見られたわけですが、他にもいろんな種類の品種の桜が植えられています。(12品種、100本とか)

サクラコンテナ   

 よく目についたのはフクロクジュ(福禄寿)。
 いかにも目出たそうな名前で、形もぽってりとしています。これは遅咲きの八重?

フクロクジュ(福禄寿)   

 フゲンゾウ(普賢象)
 これも八重。名前の由来は雄しべの形を普賢菩薩の乗る象に見立てたというけど、そんなに似てるのか。

フゲンゾウ(普賢象)   

 カンザン(関山)
 八重桜の代表ともいえる品種で、花弁がぽってりして濃いピンクが特徴。桜湯にも用いられます。外国でも人気があるそうです。関内桜通りのメインはこれです。

カンザン(関山)   

 ミクルマガエシ(御車返し)
 花弁が5枚のものと、6~7枚あるものとがひとつの木に混在し、牛車で通過した貴人たちが「今のは八重だった」「いや、一重だ」と口論になり、確認のため引き返したのが品種名の由来とか。高貴な花ですね。

ミクルマガエシ(御車返し)   

 桜に関しては山崎公園(富士見市)と跡見女子大(新座市)で多種類の桜を見てきたけど、フクロクジュやフゲンゾウがここで見られるとは思わなかった。

 もちろん一面のチューリップも見事でした。

一面のチューリップ 

 それらを維持するには大勢の人の手がかかります。
 ご苦労様です。

手入れする係の人たち   

 見飽きてもなを求めたき桜かな
  

 ※桜の説明は跡見女子大「構内サクラガイド」を参考にしました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1535-f3601783