毎年、横浜の桜狩りの最後は大岡川の夜桜になります。
 というのも私のような地方の者にとっては、ここからだと日ノ出町(京浜急行)か桜木町(JR京浜東北線)で帰れるからです。
  

 先ずは大岡川プロムナードをぶらり。
 桜川橋のあたりから遡ります。

大岡川プロムナード①   

 川沿いには雪洞が灯されていて、夜桜を見る風情はじゅうぶん。

大岡川プロムナード②   

 宴会船が川を行き来しているのも情趣深い。

宴会船   

 左手に見えるのは都橋商店街。
 2階は雑多な飲食店が並んでいて、川から見ると殺風景な建物ですが、桜とともに見ると風情ありげに見えるから不思議。

左は都橋商店街   

 大岡川の桜は河口の弁天橋から弘明寺まで約3.5km、延々と続く……とのことですが、実際歩いてみると太田橋より先は桜が途切れるところが多く、歩く割には桜の収穫は乏しい。
 とはいえ弘明寺には観音橋の周辺や弘明寺公園など桜の名所があるので、行くとしたら途中を飛ばして電車(京浜急行)に乗ったほうが得策です。

ライトアップされた桜   

 ということで、大岡川の桜の見どころはせいぜい黄金橋まで。
 屋台もそのあたりで終っているし。

桜越しに見る対岸   

 友と一緒なら屋台で一杯やるのも一興ですが、そうすることもなく日ノ出町から帰りました。
        

 夜桜が史跡めぐりの締めとなり

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1533-916c6aad