2017.04.07 新河岸川の桜

 川越の桜といえば新河岸川に尽きます。
  

 先ずはこの風景(↘)をごらんあれ。
 これが新河岸川で、川越市の市街地をぐるりと(半円状に)囲んでいます。
 これは氷川橋から田谷橋の間の300mほどの川沿い。桜並木になっています。

新河岸川   

 氷川橋は川越氷川神社の裏にあって、とくに大勢の花見客が集まります。

氷川橋にて①   

 桜が間近に見られるから?

桜のクローズアップ   

 いつも和服姿の女性がいるのですが、なぜなのかよくわからない。観光にひと役買っているのかな。

氷川橋にて②    

 氷川橋から田谷橋まで桜並木を遡ります。
 自撮りをしている人。

自撮りする人   

 船着き場に下りてみると、対岸には数人の人が下りている。
 当方と同様、桜のトンネルを下から見たいという心理が働くからか。

船着き場から 

 上から見た新河岸川。川面に映る景色にもご注目。

和風 

 そうこうしているうちに田谷橋に着きました。
 このあたりになると、極端に人が少なくなります。

田谷橋付近   

 このあたりには洒落たレストランや、気の利いた居酒屋があるわけではないけど、桜を愛でることの風流さをつくづく感じさせられます。
 こうなると、花見も一種の文化ではないか。
      
 ここにくるとそんなことを思います。もっとも年に一度ですが。
  

 遅桜映す川面のゆったりと

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1523-d627f5da