坂戸市にある慈眼寺もしだれ桜の名所だそうです。
 行ってみると、幹道(256=片柳川越線)から見えるので、すぐわかります。
 

 慈眼寺は真言宗智山派(空海=弘法大師)の寺院で、安土桃山時代、慶長年間(1600年代と推定)に法印可説和尚によって開かれた、と説明板にあります。

慈眼寺のしだれ桜   

 このしだれ桜は宝暦5年(1755)第10世の隆章和尚が植えたものと考えられ、推定樹齢は262年、樹高15m、幹周り1.7m、坂戸市の天然記念物に指定されている。(説明板)
 しかし古木だけに、幹が老朽化して空洞ができ、存続が危ぶまれているそう。

老木故に突っかい棒が    

 この日(04/05)は開花期間ということもあって、本堂に祀られている仏像の一部が表に公開されていました。ありがたや、ありがたや。

公開中の黄金の仏像   

 同寺院はイベントが多く、本堂や境内でジャズの生演奏が頻繁に開催されるそうです。
 (当方にとっては遠いからなあ)

*  

 お寺の人に教えられて、立ち寄ったのがその先の東坂戸団地。
 前を流れる大谷川沿いが桜並木になっていて、この時期一斉に花を咲かせます。
 これがなかなかのもの。

大谷川の桜並木①   

 大谷川そのものは小さな川で大したことはないのですが、桜が圧巻。

大谷川の桜並木②   

 目黒川も真っ青。こんな桜の密集はここに敵わないだろうね。

大谷川の桜並木③   

 とはいえ辺鄙なところなので、屋台もなく、花見客は近隣の老人ホームぐらい。
 今年も見られてよかったのう。ナンマイダブ(陰の声)。

西谷橋   

 思わぬところに花見の名所があるものです。
 (写真的には慈眼寺よりもこっちがメインになった?)
        

 横丁を曲がれば不意に花灯り

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1522-dd8aecad