志木へ行ったら、いろは親水公園も行かないと。
 ここは志木市役所の近くで、新河岸川と柳瀬川が合流するところです。

いろは親水公園(向こうに見えるのが富士下橋)    

 昔は舟運の要衝として賑わいましたが、今は豊富な水源と自然の環境を活かした親水公園になり、野鳥観察できるゾーンもあります。

行く川の流れは絶えず…   

 川沿いには100本のソメイヨシノが植えられていますが、枝っぷりがいい。
 以前にもいったように、川っぺりの桜の枝は川面に延びるものですが、大井弁天の森のように垂れ下がるのではなく横に延びている。それが力強さを感じさせるのです。

桜の密集地帯   

 少し下流に斜張橋(富士下橋)があります。
 この橋は大きくはないけど、ここから見る桜堤の眺めはなかなかのもの。

富士下橋    

 「桜というのは上から見るものではなく、下から見るもの」
 と某先達はいっていたけど、この景色も悪くないぞ。

富士下橋から見た桜堤①    

 花見客も見下ろせるし。

富士下橋から見た桜堤②   

 橋の近くには陽光桜などの多種類も植えられて、変化をつけているのも楽しい。

多種類の桜が…   

 往く川の流れをつまに櫻見む


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1521-a6e506ca