小手指・砂川堀のしだれ桜が咲いているからには……と向かったのは、狭山湖の北にある金仙寺(こんせんじ)。
 ここからだと約5km。30分もあれば行ける。

「一日一生」の花文字 

 金仙寺は別所山西光院と号し、真言宗豊山派のお寺。
 しだれ桜が有名で、2年前の4月にきたことがあります。(昨年秋にも)

入口のソメイヨシノはまだ…   

 「おッ、咲いてる咲いてる」
 高さ16m、幅14m、堂々としています。
 古木なのか、あちこちに突っかい棒が。

しだれ桜   

 「今年も咲きましたねえ」
 「私は毎年、これを見るのが楽しみでねえ」
 ベンチではお年寄りが桜談義。

別の角度から  

 同じしだれ桜でも地蔵院(ふじみ野市)とはこうも違うものか。 
    
 ちなみに帰りに地蔵院に寄ったけど、満開(03/30現在)でした。
 どちらがいいかは、人それぞれ。

満開の地蔵院しだれ桜 

 糸ざくら掻き分け見れば黄泉の国
  

 あッと驚くタメゴロー。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1517-c03e776b