ソメイヨシノの開花宣言はなされたけど、満開にはまだまだ。
 ならば、しだれ(枝垂)のほうが早いだろう、と小手指(所沢市)砂川堀にやってきました(03/30)。
       
 「おッ、咲いている」
 細い用水路(砂川堀)の両岸に植えられたしだれ桜が白、ピンク、赤、思い思いの色で咲いています。

砂川堀  

 このしだれ桜は小手指公園から南西方向に約500mの砂川堀の両側に植えられたもので、その数119本とか。

しだれ桜   

 全部しだれ桜というのは珍しい。
 川幅も道幅も狭いので(横に張り出さない)しだれ桜にしたのでしょう。
 ふだんはお世辞にもきれいとはいえないドブ川が、このときばかりは桜の名所になる。よかった、よかった。

桜の簾    

 例によって老人ホームの介護者がゆっくりゆっくり通り過ぎる。
 「今年も見られてよかったのう。ナンマイダブ……」
 車内ではお年寄りのよろこぶまいことか。

介護車   

 来年は見られるかどうかわからんから(当方も)、とっくり見といてや。

 砂川堀沿いのしだれ桜  

 オマケは近くの西友の前にあるポトマック桜。
 この桜の木は、友好のシンボルとして日本から米国ワシントンDCのポトマック川に贈られた桜の木の子孫を里帰りさせた記念の桜で、花びらがぽってり(八重?)しているのが特徴。
 この近辺ではちょっとした名物だそうです。

ポトマック桜   

 介護車のそろりそろりと桜みち

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1516-dc928549