先日(03/24)は小学校の同窓生3人と、銀座の某ギャラリーで「京大写真部ОB展」を観てきました。高校時代の友人が出展しています。
  

 小さな画廊に36作品が展示。例によって友人が案内してくれました。
 「これはテーマが決まってるの?」
 「いや別に。それぞれが思い思いで撮ってます」

写真展・会場①   

 彼の作品は「静寂」といって雪の那須高原の樹氷の景色。
 濃紺の空との対比が見事でした。
  

 「おや?」
 「あらッ」
 高校時代の同窓生だった女性と遭遇しました。
 当時は口をきいたこともなかったのに、同窓生の消息からはじまって、故郷(京都)の話に。

写真展・会場②   

 「この年になって、やっと京都のよさがわかってきたわ」
 「そうかな、オレなんか京都を捨ててるから」
 「あかんえ、そんなん。京都は奥が深いえ」
 「そうかなあ」

同窓生と   

 そのあと3人の仲間とも合流して、近くの喫茶店へ。
 話題は互いの近況話から老人論まで。
 「年取ると記憶力、計算力、判断力などほとんどの能力は若いものに負ける」
 「そら、そうや」
 「しかし負けんものがある。それは関連力や」
 「関連力って?」
 「これまで身につけたいろんな知識を結びつける力や。それができない年寄りはただの年寄りや」
 「ワシがそれや」
 (関連力の具体例は省略)

銀座   

 「最近みんなバタバタとあの世へ急ぎよるな」
 「ほんまや。ワシもそろそろや」
 「オレは覚悟はできてるよ。むろん孤独死や」
 「私、孤独死もひとつの死に方やと思うわ」
 「その通りや」
  

 小一時間、こんな会話で盛り上がって散会しました。
  

 絵画展出でて目に入る春の色

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1513-2e9dafa6