仙波東照宮の石段の脇に桜が咲いているのを見つけました(03/22現在)。
 ソメイヨシノ? まさか。

仙波東照宮   

 この木は特別らしく、柵で囲ってありました。
 幹につけられた名札を見ると、「エドヒガン桜・樹齢?百年」とあります。

伊豆守お手植えの江戸彼岸   

 川越の観光情報によると、これは川越城主「松平伊豆守信綱」が植えたとされる桜だそうです。
 「本当かね?」と疑うのは野暮。栗東の歴史研究家にいわせると、そういう言い伝えがあることが大事なのだそうです。
  

 その北にある「喜多院」。
 ここも桜の名所で、満開時には多くの花見客で賑わい、屋台も出ますが、ソメイヨシノはまだまだ。

ソメイヨシノはまだまだ   

 しかし、しだれ桜は咲いていました。
 ここのしだれは見事。とくにしだれ越しに見る多宝塔はなかなかのもの。

喜多院のしだれ桜   

 これも由緒あるしだれ桜かもしれないけど、当方の知ったことではないわい。

しだれ越しの多宝塔   

 名刹を隠して枝垂桜かな

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1509-35192b10