昨日(03/22)の午後、川越の中院に行ってきました。
 東京ではソメイヨシノの開花宣言。
 ならばこちらのしだれ桜なら、もっと咲いているだろう、と。

中院・境内   

 おッ、咲いてる咲いてる。本堂の近くではしだれ桜が満開に近い状態。
 当院のしだれ桜は有名で、毎年この時期になると大勢の人が訪れます。

しだれ桜   

 さらに境内ではエドヒガン(江戸彼岸)が咲いていました。
 これも彼岸といわれるようにソメイヨシノよりは早い。

エドヒガン   

 まだあります。
 観音堂の脇の寒緋桜。エドヒガンより早く咲いたと思われます。

地蔵のうしろに寒緋桜と竹林   

 竹林の緑を背景に鮮やかなピンクが見事です。(どぎつい感じもありますが)

寒緋桜   

 珍しいところでは墓場の隅に咲いている白い十月桜。
 これは秋と春、二度咲くそうです。

十月桜   

 オマケはしだれ桜の脇に咲いていたミモザの花。鮮やかな黄色はなかなかのインパクト。

ミモザ   

 茶室「不染亭」の脇に咲いている白木蓮。これも見事。

白木蓮   

 ミモザも白木蓮も本来なら主役級なのに、ここでは桜に譲って脇役に。
  

 黙然と庭に身も座す桜かな

 
今回は駄洒落句で悪いネ。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1508-e0e8ca44