4月になれば川越の友と跡見学園女子大学で観桜会をすることになったので、その下調べに行ってきました。
   

 同大学では毎年03/01~05/15の間、桜鑑賞のためにキャンパスを開放しています。
 「この時期なら早咲きの桜が見られるかも」と期待したのですが……。

跡見学園女子大学・正門    

 例によって正門で名前を記入し、「跡見学園女子大学の桜」というパンフレットをもらってキャンパスに入りました。
  

 このパンフレットにはキャンパス内の桜の見取り図。木の一本一本に番号がつけられ、どこにどんな桜が植わっているのかわかります。
 そしてなかを開くと数種類の桜の写真と名称と解説。ちょっとした桜図鑑です。

跡見学園女子大学・キャンパス    

 しかし咲いているのは……。
 山崎公園で咲いていたオカメ(誰のこと?)

オカメ   

 グランド沿いの並木にヤマザクラが咲いていました。
 これは日本古来のサクラで、古典に出てくる桜とはこれのこと。
 もっともグランドでは女子学生が野球の練習をやっていました。

ヤマザクラ(山桜)   

 2号館の裏では白っぽいカラミザクラ(唐実桜)が咲いていました。
 これは中国原産の野生種で、果実は小ぶりながら甘酸っぱく、これが本来の桜桃だそうです。

カラミザクラ(唐実桜)   

 河津桜、カンザクラ(寒桜)は終わり、ソメイヨシノはまだ、という状態でした。
 やっぱり4月にくるしかないのかにゃー。

ソメイヨシノはまだ…   

 歴女より野球女子見る山桜

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1506-201a3c32