昨年末より続いたハーバーライト・シリーズ、今回の初めは横浜三搭。
  

 まず日本大通りにあるキングの塔・神奈川県庁本庁舎。
 どっしりしてキングの風格がありますが、実際は屋上に建てられた搭。ちょっとガックリ。

キング(神奈川県庁) 

 この塔は傷みやすくしょっちゅう修復を余儀なくされるので、文化財として認定されにくいのだとか。
 完成は昭和3年(1928)、塔の高さ…約49m。

 次は海岸通りにあるクイーンの塔・横浜税関本庁舎。
 完成は昭和9年(1934)、塔の高さ…約51m。

クィーン(横浜税関)   

 三搭のなかではいちばん高い塔。
 船が横浜港に着くとき船乗りが真っ先に目にし、出航するときは最後まで見送ってくれるのがこのクイーンの塔だそうです。

 最後は本町通にあるジャックの塔・横浜市開港記念会館。
 完成は大正6年(1917)、塔の高さ…約36m

ジャック(開港記念館)    

 三塔のなかではいちばん古い。レンガ造りで風格のある建物です。
 内部も公開されていて、ステンドグラスや薔薇窓など、見るべきものも数多くあります。

 来たる3月10日(金)は「横浜三塔の日」で、いろんなイベントが開催されるそうです。
  

 塔の灯や送り送られ春の宵
   

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1492-2f5e6557