地元の人からは「お上りさんコースじゃないか」といわれそうですが、地方の私にとっては定番中の定番。横浜へくれば、どうしても寄りたくなるところです。

公園のテラス    

 このテラスも40年ほど前からすると、少しずつ変わっています。

逆から見る   

 航海の安全を祈る国際通信旗が掲げられています。これもここ最近のこと。アニメ映画?

国際通信旗 

 4年前、句会の婆さん連中を引率してここへきたとき、そのひとりから、「歌とこの公園とでは、どちらが先ですか?」と聞かれました。
 不意を突かれましたが、「歌のほうが先のはずです。この公園名は歌からとったと聞いたので」と答えました。
 歌謡曲「港が見える丘」(歌・平野愛子)がリリースされたのは昭和23年(1948)で、横浜の「港の見える丘公園」開園は昭和37年(1962)。
 年代まではわからなかったけど、一応正解でした。
  

 当時の港が見えた景色とはずいぶん違うでしょうねェ。

テラスから見た景色    

 海を見に君と来た丘さくら散り
  

 「相変わらず安易につくっとるのう」と川越の友にいわれるかな。
  

 余談ですが、昨夏きたとき、フランス山側の崖下のウッドデッキを見て「こんなところに個人の家が建つのかな」と思ったのですが、これはNHK・Eテレ「趣味の園芸」の撮影場所(遊ガーデン)でした。

謎のウッドデッキ   

 表札に「柴田」とあるのは、お母さん役の柴田理恵さんのこと? 
 このような利用のされ方も「港の見える公園」ではありのようです。

遊ガーデン 

 いらい「趣味の園芸」も観るようになりました。いつも観る「日曜美術館」の前なので。
 今日は東京マラソンがありますが、「趣味の園芸」→「日曜美術館」を観て、そのあとで東京マラソンを観るつもりです。

    

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1483-9dcf9ca3