河津桜のシーズンですが、昨年三浦海岸で満開の河津桜を堪能してからは、多少の河津桜では満足しなくなりました。
  

 とはいえ今年も富士見江川の土手沿いには河津桜が咲いています。
 近所のよしみ、見てきてやるか(偉そうに!)。

富士見江川の土手    

 河津桜が咲いているのは山崎公園の脇。
 この河津桜は富士見市が地域活性化事業の一環として桜のオーナーを募り、36本が植樹されたそうです。

山崎公園の脇の道    

 なかなか見事に咲いています。
 前にもいったように桜の名所とは、①その桜自体に由緒がある、②背景が古刹であること、③群生(桜並木)、④人(動物)との関わり、があることです。
 ここの場合は③の群生でしょう。
 三浦海岸に比べるとかなり見劣りするけど、これはこれで健気です。

反対方向を見る   

 まだ蕾もあって、七分咲きぐらいかな。(02/22現在)

七分咲き?   

 三浦海岸の河津桜はそろそろ終わりのようですが、こちらはこれから。
 それでも今年は早いようです。

山崎公園    

 それにしても河津桜はあでやかです。
 ソメイヨシノがうら若き乙女なら、河津桜は大人の女の魅力。
 こんな色っぽい花が桜の先頭を切って咲こうとは。

向こうは寿橋のアーチ   

 古希過ぎて河津桜の色に酔ひ
  

 さすがの芭蕉翁も河津桜の色香にクラクラッときた?

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1481-8ef55e27