昨日(02/20)はアスクルの火事を少し取り上げましたが、ネタ元は伝聞と1ヵ月前の写真。現場にも行かずに述べるのは本意ではないので、午後出かけてきました。

県道さいたま・ふじみ野・所沢線   

 アスクルの物流倉庫は県道さいたま・ふじみ野・所沢線の上富地区にあります。
 ところが……。
 けやき並木(いも街道)と交差する上富交差点には数台の消防車が待機しており、お巡りさんが見張っていて、直進する車をチェック。

上富交差点  

 郵便局の車でもチェックを受けてました。結果的には入れ ましたが。
 しかし関係のない車は直進はまかりならぬと迂回を余儀なくされている。
 やっぱりなァ。
 「上富~多門院入り口間は封鎖されている」とニュースでいわれていた通りでした。

待機する消防車   

 それを見て私もけやき並木を南下しました。
 大きく迂回して多門院入口へ。
 ここも関係のない車は通行止。

多門院入り口   

 しかし通りの奥に数台の消防車が見え、しかも茶色い煙がふわふわと漂っています。
 まだ燃えている。(午後1時現在)
   

 とはいえ、お巡りさんのいるところを突破するわけにもいかず北上(多門院の方向へ)。
 すると……。
 10mほど進んだところに細い道。
 ここからアスクルの近くまで行けるのではないか。
 そう思って進んでみると、ふたりのおじさんに止められました。
 「もしもし。それ以上は行けませんよ」
 こちらも、
 「まだ、鎮火しないんだね」
 「御迷惑をおかけしております」
 どうやらアスクルの関係者らしい。

裏の道から倉庫を見る    

 当方はおとなしく引き下がって、近くにいたおばさんに聞き込み調査。
 「これでも今日はおさまっているほうだよ。昨日は夜中にボンッボンッて爆発して、もっとすごかった。ここにポンプ車がずらーっと停まってね。スプレー缶が爆発したんだって」
 「スプレー缶が?」
 「そう。他にも紙やセルロイドなど燃えやすいものもあるし、薬品や衣料品もあるんだって」
 「なるほど」
 「女性のパートさんも多かったらしいね。無事だったそうだけど」
 「それがなによりだよ」
     

 川越の菓子屋横丁でもそうだったけど、現場では必ずしゃべりたがる人がいる。
 もっともこちらは現役時代と違って、取材がかなり甘くなっているけど。
     

 焼跡をそっと見守る寒の月
      

 復興を期して。
     

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1478-c9a06737