2017.02.14 朝日天神の梅

 このところ地元の徘徊は富士山のビューポイント探しが多いのですが、それはいずれUPすることにして、そろそろ梅のシーズンなので、ふじみ野市の朝日天神神社へ。

朝日天神神社・一の鳥居   

 「天神様なら梅がいっぱいあるだろう」と思ったのですが……。
 境内には紅梅と白梅が咲いてはいますが、天神様の割にはいささかショボい。
 (そういえば昨年も同じことを書いたような)

紅梅と白梅 

 境内の「御由緒略記」によると、御祭神は、
 「天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神、伊邪那岐神(イザナギノカミ)、伊邪那美(イザナミノカミ)、以上の五柱を総称して『朝日天神大神』と申し上げております」
 とのこと。

 古事記によると、イザナギ、イザナミは天照大御神の両親で、日本の国土を造った神様(日本版アダムとイブ?)とされている。

境内   

 「御神徳は多方面に渡り、国土守護、家内安全、身体健康、病気平癒、交通安全、学業成就など諸願成就をお守りくださいます」と神社によくあるご利益のデパート広報。
  

 鳥居の形からすると、これは神明社系(伊勢系)。

二の鳥居と拝殿 

 そして
 「この御宮は、有栖川宮熾仁親王を総裁に戴いた神道事務局の……略……」と、皇室にゆかりがあるとの由緒書き。やはり神明社系であったか。

白梅 

 天神様というのはふつう菅原道真公が祀られているけど、そうではない天神様もあるらしい。
 牛もいないし。

 梅が今ひとつというのも仕方がないのかな。
       

 菅公のなき天神や梅虚し

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1471-c300366c