神奈川県庁の屋上。
 ここからは横浜湾の景色が手に取るように見えます。

屋上から見る海   

 まずは象の鼻パーク。
 大さん橋の付け根から左手方向へ延びている防波堤のことで、上から見ると象の鼻に似ていることから、そう呼ばれました。ここから見ると、まさにそれを実感できます。

象の鼻    

 象の鼻パークから目を右に移すと、後方に見えるのが大さん橋。
 この大さん橋は国内でも有数の桟橋で、クイーン・エリザベス2世号級の船が2隻泊められる規模の大きさ。屋上は「くじらのせなか」と呼ばれるフリースペースとなっており、大型客船の出港時には、多くの見物客や見送り客で一杯になります。

大さん橋    

 市街地を見ると、本町通りの向こうにマリンタワーが見えます。
 もっともこの景色は高いビルが林立していて、あまり面白くない。

本町通り(向こうに見えるのはマリンタワー)   

 象の鼻から左に目を転じると、正面に赤レンガ倉庫。
 そして左は横浜税関。クイーンの塔です。

正面は赤レンガ倉庫、左は横浜税関(クイーン)   

 別のエリアから見た横浜開港記念館。ジャックの塔。
 これは県庁屋上の立ち入り禁止区域から撮りましたが、職員の方の許可を得て入らせていただきました。

開港記念館(ジャック)   

 クイーン、ジャックとくればキングの塔。
 キングは、ここ、神奈川県庁の屋上にヌッと建っています。これがいささか拍子抜け。
 ジャックの塔は1階から塔の形態を成しているのに。

キングの塔   

 それでも正面から見ると立派な塔に見えるから不思議。
 どっしりしてキングの風格がありますが、実際は傷みが激しく、しょっちゅう修復を余儀なくされるので、ジャックの塔のような重要文化財にはならないのだそうです。

正面から見た神奈川県庁(上がキングの塔) 

 春近しジャック・クイン・キングの塔
   
  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1469-8777a9c2