昨日はTVで「第66回別大マラソン」を観ました。
  

 レースの中盤まではトップグループは10人以上いたのに、徐々に脱落していって35kmすぎからデレジェ・デベレ(30・エチオピア)と中本健太郎(34・安川電機)の一騎打ち。
 39kmあたりから中本がスパートをかけました。デベレとの差は開く一方。

中本とデブレの一騎打ち   

 中本といえば4年前、川内優輝(埼玉県庁)とデッドヒートの末競り負けた苦い思いがある。
 彼はそれが常に心にあり、「今回はなにが何でも優勝」という意気に燃えていました。
  

 結果は中本が1位でゴールし、優勝。2時間9分32秒.
 2位はデペレ。

中本優勝   

 しかし今回は盛り上がりに欠けました。
 中本選手の臥薪嘗胆が報われたというのは、けっこうなことだけど、有力な外国選手は出場していたのか。
 女子マラソンでもそうだったけど、有力な選手がいないところで勝ってもそう単純によろこべない。こんなことで世界に勝てるのか。
 マスコミはそんなことを一切突っ込まず、ただただ日本選手をほめそやす。

*    

 話は変わるけど、スキージャンプW杯でまた日本の女の子が優勝しました。「最多優勝に迫る」とマスコミは騒ぐけど、オリンピックでは入賞すらできなかった。
  

 本人は「調子が悪かった」と言い訳していたけど、とてもそんなレベルじゃない。
 世界には彼女以上に強い選手がごろごろいることがわかりました。
     
 欧米の有力選手はW杯をさほど重視しておらず、出場しても小手調べ程度。
 しかしオリンピックとなると、目の色変えて挑んでくる。それが実情です。
    

 マスコミはそんなこと百も承知のくせに、この女の子をやたら持ち上げる。そうとでもしないと、マスコミ自体が立ち行かないから?
 欧米では考えられないことで、スポーツマスコミはもっと厳しい。
       
 当方は、この女の子が称賛されるたびに「オリンピックで優勝してくれ」とつぶやいている。
 へそ曲がりジジイで悪かったね。W杯、何度でも勝ってくれェ。
           

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1463-da7e71a0