ここに昭和2年(1927)の彦根町(当時)の地図があります。(「彦根歴史散歩」より)
 このころはまだ江戸・明治時代の町名がまだ残っており、謄本に出ている親戚の住んでいた場所がわかります。

 彦根町の市街図(昭和2年)  

 芹川沿いの芹橋町は一~十五町目まであり、これは祖父が住んでいた足軽屋敷。外濠(そとぼり)の外です。
 親戚の住んでいた北組町、池州町、七十人町もまた外濠の外。
 ただし曾祖父が養子に入ったT家は外濠のなかの一番町。ふーむ、こっちのほうが武家としては格上?
 これらの地名は今はありません。
 現在の彦根市の地図も持っていますが、3年前に訪れるまでは古い地図のほうが想像力をかき立てられました。
  

 中濠の南東にある中学校は「滋賀県立彦根中学校」のこと。
 元は彦根藩の藩校「稽古館」(寛政11年=1799)、明治になって「滋賀県県立第一中学校」
 現在は「彦根東高校」です。偏差値も高く、進学率も高い。
 文武両道で、2013年夏は野球部が甲子園にも出場しました。(校庭に記念碑あり)

彦根東高校   

 親戚に同校で教鞭をとられて(家庭科)いた女性がいますが、かなりのお年のはず。どうしておられるのか。
  

 中濠に架かる京橋から外濠に向かう道は江戸時代から「京橋通り」と呼ばれていたようです。
 何度もいいますが、「夢京橋キャッスルロード」という歯の浮くような名前は今もって好きになれません。昔のように「京橋通り」にすれば好感が持てるのに。
  

 舟橋聖一「花の生涯」や幸田真音「藍色のベンチャー」には幕末の彦根が描かれていますが、そのなかに出てくる「袋町」は遊郭のあったところ。
 今は「花しょうぶ通り」というアートの町(?)になり、遊郭の面影はありません。

花しょうぶ通り   

 もっとも横浜も永楽・真金町(遊郭)はその雰囲気はなくなった(一部ラブホテル街)し、初黄飲食街もやはりアートの町(?)になっちゃった。こんなところは観光行政としては払拭したいのでしょう。
  

 「城下町」の著者・矢守一彦氏も「今の彦根は観光化されて味わいがなくなった」と書かれています。
 私も実際に彦根の市街地を歩いてみて、感動したところもあれば、「ここも他の観光地と同じか」とガックリしたところもありました。
  

 彦根市は一時「ひこにゃん」ブームで湧いたけど、私は好きになれなかった。こういうものは文化として底が浅い。
 こんなことなら彦根は当分(こなくても)いいかな。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1446-7dac6e00