市立美術館・博物館のすぐ南には川越城本丸御殿。
 何度も入っていて勝手知ったる御殿ですが、無料とあらば入ってもいいか。

川越城本丸御殿   

 同御殿は嘉永元年(1848)、松平斉典の17万石時代に建てられたもので、当時は16棟、1025坪の規模だったそうです。

廊下    

 明治に入ると廃城令で多くの建物は解体され、現在残る建物は玄関・大広間部分と家老詰所のみ。
 この大広間は川越城の他には高知城にしか現存せず、全国的に見ても貴重な遺構だとか。

大広間   

 廊下を曲がると渡り廊下があり、その先は家老詰所。
 家老詰所は、解体後上福岡市(現ふじみ野市)の民家に移築されていたのを再度移築したもので、位置は以前とは違っているそうです。

家老詰所への渡り廊下   

 そこでは三人の家老が延々と評定(ひょうじょう)中。城の図面を見て評定しているところから、議題は普請のやり方か、あるいは役職の配置か。

三家老の評定   

 さらに庭の眺めもいい。

 庭  

 別名、初雁城、霧隠城。関東七名城、日本100名城に入っているとか。
 昭和42年(1967)、県指定有形文化財に指定。

中庭 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1423-a6ad05c3