七曲井から東に入ったところに野々宮神社があります。
 ここも入間野神社と同様、大きくて立派な神社です。

野々宮神社・一の鳥居   

 境内の説明書きにはこうあります。
 「当社創立年代は不詳であるが、伝承によれば、日本武尊(やまとたける)が東北の蝦夷征伐の帰途、当地に立ち寄り、水を得るため堀兼(ほりかね)の井を掘らせたという。日本武尊の死後、彼の叔母・倭姫命(やまとひめのみこと)の一族がこの地にきて土地を開き、社殿を建立して日本武尊並びに倭姫命を祀ったのが始まりと伝えられている。
 明治40年に蔵王神社、八雲神社、愛宕神社、神明社を合祀し、現在に至る」

拝殿    

 拝殿の左側に絵馬を掛ける鉄柵が設えてありますが、絵馬の数は少なく、川越氷川神社の絵馬のトンネルのようにはなりません。お寒い限り。

 絵馬のトンネル?  

 その奥に明治40年に合祀された神社5社の神明神社、八雲神社、稲荷神社、愛宕神社、蔵王神社が並んでいます。

八雲神社   

 前に入間野神社のことを「神社のデパート」といいましたが、こっちはそれ以上、デパート兼スーパー、コンビニや。

左から愛宕神社、蔵王神社、御霊神社   

 それよりも特筆すべきは、拝殿の右側にある竹林。
 それほど大きくはないけど、奥行きがあってなかなかの風情です。
 ここは嵐山(京都)の竹林の小径?

竹林 

 その奥に小さな祠があります。
 説明書きを読むと、個人宅にあった祠をここに移したものらしい。(なーんだ)

 竹林の奥に祠が  

 いやいや、なかなか殊勝なことで。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aitokodoku2.blog.fc2.com/tb.php/1413-a8f6c811